人生を救ってくれるライフハックと手作りアイディア30選

刑務所で生き残るためのライフハック

「オレンジ イズ ザ ニュー ブラック」は、パイパー・カーマンの刑務所での経験をもとに書かれており、生理用ナプキンを掃除用に使ったり、間に合わせのスリッパにしたり、マスクにしたりといった女性受刑者たちの生活の工夫も紹介されています。

中でも面白い工夫は、美容に関連することです(面会者が来るとき用でしょうね)。クールエイドを一日染めのヘアカラーとして使ったり、ヴァセリンと混ぜて口紅にしたり、コーヒーをアイシャドウやフェイスパックとして使ったり、トイレットペーパーの芯を髪のカーラーにしたり、色鉛筆をアイライナーにしたり(痛そう!)。

元受刑者の経験では、一切れのパンを紙に包んで、暖房用の熱いパイプに5分くっつけておくと刑務所トーストができるそうです。トイレットペーパーをある種のオーブンにもできるそうです。

トイレットペーパーを円柱型に丸めて、端は折り込みます。そして火をつけ、中から外に向かって燃えるようにします。そうするとゆっくり燃えるので温度が上がるのです。火の通っていない食べ物を火の上に持っていくと、熱くてかりかりの食べ物ができます。

どんな食べ物もおいしく!

食べ物と言えば、賢い刑務所レシピと料理のコツというテーマは、それだけで一つの投稿になりそうですね。ツイッターで、刑務所でのライフハックについて人々に聞いてみたら、食べ物のハックを教えてくれた人が多数でした。

方法はこちらː

ご飯を炊くときは水の代わりにりんごジュースを使いましょう。ご飯にがつけられますし、手早くてお金もかからず簡単です!

砕いたオレオクッキーと牛乳をマグカップか小さな器にいれて電子レンジで温めるとケーキができます。

ビニール袋でラーメンが作れます!ビニール袋にお湯を入れてタオルで何分か包みましょう。

袋入りラーメンと小さな袋のチーズ味のスナック菓子「チートス」を使うと、刑務所ブリトーができます。チートスを半袋食べて、残りを袋の中で砕きましょう。ラーメンも半袋加えて少しお湯を入れ、袋を振ります。その後袋を占めたまま折ります。5~7分待って袋を開けると、チーズ味のチートスと麺でできたブリトー状のものができています。受刑者たちがこの方法で作るのは、刑務所にはボウルがないからだそうです。奇妙なものなのですが、ラーメンをよく食べていて、たまには味を変えてみたいなと思っている人にはある意味おいしいんですよ。

これらのアイディアはすべて、寮に住む人や、食費を削っている人、またはただただ怠け者な人にはすごく役に立ちますよ!どうぞ楽しんで!

タイムスタンプ:

4:46 完璧な楕円形

6ː07 トイレットペーパーの芯をカーラーに

7:06 刑務所のディナー

10:55 黄色くなった爪には砕いたチョークを
楽しいDIY企画、クラフト、楽しいDIYを体験しましょう!

オフィシャルチャンネル

「5分でできるDIY」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:http://bit.ly/2BhbztW

「5分でできるDIYキッズ」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:https://bit.ly/2JxnfgO

驚きの事実と便利なヒントが満載の「ブライトサイド」は、こちらからチャンネル登録をお願いします: http://bit.ly/2DsFPDw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です