*閲覧注意*ゴキブリを殺すのが難しい理由とは?

ゴキブリを取り除く方法って?なぜこんなにも難しいの?日常的に顔を合わせるこの小さなモンスターは、壁から壁へ飛んだり、シンクでうろついていたり、カウンターの上でこそこそ歩き回っていたり、寝ている間にヘッドボードの上に現れます。その悪夢は何度も繰り返されますよね。今回は、ゴキブリや他の昆虫がなぜ不滅しないのか理由を見ていきましょう。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ

遺伝子に含まれているものとは? 2:32

ゴキブリが3.2億年以上も生き延びた理由 2:38

頭を切ったらどうなるのか 4:34

他にも駆除が難しい昆虫 5:50

マウンテンストーンウェタ 5:57

トコジラミ 7:06

イエバエ 8:11

ヒアリ 9:08

概要:
―世界保健機関によると、最も悪名高い種類がアメリカ、ドイツ、オリエント、オーストラリアから来ていて、茶色の帯状のゴキブリ含まれている。

―アフリカが元の繁殖地で、1625年頃にボートを通して米国や世界各地にテロのように広まった。野心的で厄介な昆虫!

―154もの嗅覚受容体があり、その数字は他の昆虫の2倍。なるほど…だから床に落ちている小さなカスでもすぐに分かるのか!このゾットする昆虫は他にも522もの味覚受容体を持っていて、つまりこういう事なんです:なんでも食べるという事。

―ゴキブリの脳は呼吸をコントロールしていない:代わりに、気管に繋がっている鼓腸から息を吸う。また、この昆虫は冷血なため何週間も生きる事ができ、切られた頭についているアンテナは何時間も「やあ!」とぴくぴく動く。

―マウンテンストーンウェタはニュージーランド、もっと詳しく言うと、南アルプスから来た。このバッタみたいな昆虫は、ゴキブリのように、先進時代には既に存在していた。

―トコジラミの遺伝子(そう、再び遺伝子!)には、農薬による化学物質が撃退できる、酵素とタンパク質が含まれている。純粋なトラジラミの遺伝子だけではなく、ボルバキア菌などの寄生バクテリアの遺伝子が入っている。
―イエバエは人間の居住のほぼ90%を占めている。その起源は中央アジアにあり、コレラ、腸チフス、そして結核のような、100以上もの重大な病原体を持っている。最も滑らかな昆虫の一つでもあるので、どんなに叩いても簡単に殺せない。

―ヒアリはこれが簡単に起こらないように、特別な死滅条件がある。ヒアリは社交的な生き物で、得に女王なんかはそう。ヒアリの女王は、他の女王と一緒になって、新しい巣を作る事ができる。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

宮司道章造 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です