量子物理学が示す論拠―ランザのバイオセントリズム

従来の科学では、生命を専ら物質的現実の観点から見てきました。
ところが、科学はさまざまな分野に枝分かれし、人類発展のあらゆる面を網羅することができなくなりました。
19世紀には、原子はそれ以上分割できない最小の固体だと考えられていました。
しかし現代科学では、原子は主に空っぽなつくりをしていることがわかっており、物質とは、アインシュタインの定義によるとエネルギーが凝固(ぎょうこ)したものとされています。
今日は、すでに何回かにわたり取り上げてきた量子物理や、その他諸々について引き続きお話ししていきましょう。

BGM:
Galactic eye – Lost
soundcloud.com/thisisfrequency
Javigua – Lost
soundcloud.com/letsdothis-61764444

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です