体が葉酸をもっと必要としている8つのサイン

葉酸が不足すると体はどうなるのか?アメリカ国立衛生研究所によると、毎日このビタミンを400㎍摂取するのが大切だと言っています。このビタミンは、体がDNAを作ったり修復したり、赤血球を作るためにも重要なんです。体が葉酸不足になってしまうと、臓器の酸素が足りなくなり正常に機能ができないことから、貧血に繋がる可能性があります。体がより多くの葉酸を必要としている、一般的な8つのサインを見ていきましょう。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ

気分や認知障害 2:13

体の痛み 2:52

青ざめた肌 3:44

息切れ 4:36

消化の問題 5:08

口の痛みと舌の腫れ 5:45

味覚の低下 6:24

先天性欠損症 7:02

葉酸欠乏の原因となるもの 8:30

葉酸欠乏を解決する方法 9:25

概要:
―体がビタミン不足になるとうつ病になったり集中することが難しくなったり、物忘れや苛立ちなどに苦労する。

―葉酸不足により激しい貧血を起こした場合、脳が必要としている酸素よりも少ないという事。その結果、脳の動脈が腫れてしまい頭痛に繋がる。

―赤血球に含まれるたんぱく質のヘモグロビンは、肺から体のあらゆる組織に酸素を送る役割を持っている。体が葉酸不足だと、内蔵が必要としている量の酸素を送るために必要な数の赤血球(つまりヘモグロビン)がない。

―普段、何ともない事でも、気づいたら息切れするようになっていたという場合は、赤血球の不足により酸素レベルが低下しているという事。

―吐き気、嘔吐、胃痛、そして食後の下痢などの胃腸症状は、葉酸が不足している最初のサインかもしれない。

―口の痛みや舌の腫れは、葉酸欠乏が重度な場合に発生するので、無視しない方が良いかも。

―葉酸の不足は味覚を狂わせる可能性があるとの事。これは、乳頭と呼ばれる味受容器が、舌の問題について、神経系を介して脳に伝える事ができないから起こる。

―妊婦や妊娠予定の女性は、毎日適切な量の葉酸を摂取する必要がある。真剣にこの警告を受け入れないと、神経管欠損およびNTD(脳や脊髄の先天性欠損)が母親の子宮の中で成長している胎児に起こる可能性がある。

―葉酸欠乏を最も簡単に解決する方法は、食事。適切な葉酸を維持するために、ブロッコリー、芽キャベツ、ほうれん草、そしてアスパラガスのような濃い緑色の野菜を食べよう。他の食べ物に関しても、定期的に柑橘類、アボカド、牛レバー、豆、マッシュルーム、そして全粒穀物を食べよう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です