夜中の歯ぎしりをやめる方法

朝起きて、なんだかアゴがだるいな、頭痛がするなと思ったことはありませんか?もしかしたら夜中に歯ぎしりをしてしまっているのかも。これは無意識の行動で、人がコントロールすることはできません。これは別名ブラキシズムと呼ばれるもの。予防のための7つのポイントをご紹介しましょう!

タイムスタンプ:

1.カフェインやアルコールを避ける 3:30

2.ストレスを遠ざける 4:47

3.食べ物じゃないものを噛まないようにする 5:42

4.カルシウム・マグネシウムをよく摂る 7:03

5.起きている間の歯ぎしりに注意する 8:27

6.就寝前にはよくリラックスする 9:28

7.歯のボディガード マウスピースを用意する 10:14

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:

-ブラキシズムの原因には精神的なものや遺伝的なものが存在する
-コーヒーやコーラなどを避ける
-ストレスはブラキシズムの一般的な要因となる
-食べ物ではないものを噛む行為は口内細菌のバランスを崩す
-歯ぎしりはミネラル不足によっても引き起こされる
-日中の歯やアゴの動きに注意する
-リラックスできていればいるほど歯ぎしりを起こす確率は下がる
-それでも改善しない場合は専門家へ

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です