子供を持たない人に対する、10の失礼な思い込み

「子供を持たない」人に対して先入観を持っている人がまだいるのはなぜなのか?子育てをしないという選択肢の何がおかしいのか?子供を持たないという人は、子供が嫌いだとか人類の絶滅を望んでいる訳ではありません。で今回は、子供を持たない人に対するあらゆる先入観や神話を紹介します。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ

先入観#1:子供を持たない人は子供が嫌い 1:16

先入観#2:子供を持たない人は他人の意見を「変えたい」と思っている 2:25

先入観#3:子供を持たない人は不妊症か精神的に病んでいる3:33 

先入観#4:子供を持たない人は恋人が見つからない、かわいそうな独身 4:40

先入観#5:子供を持たないと、人生の意味がない 5:46

先入観#6:子供を持たない人は、人類が絶滅する事を望んでいる7:03 

先入観#7:子供を持たない男性は普通だけど、女性の場合は不自然8:03

先入観#8:子供を持たない人が年を取ったら、自分の子供達が負担をする9:05

先入観#9:子供を持たないというライフスタイルは、ただのトレンド9:50

先入観#10:子供を持たない人は、一生考えが変わらない10:39

概要:
―ある人が子育てをしないという選択肢を選んだからと言って、子供が嫌いだという訳ではない。子供を持たないほとんどの人が、子供にそこまで関心を持っていないだけなのか、実はものすごく好き。

―子供を持たない人の多くは、そもそも自分の考えている立場について友達や家族と共有しない。自分が正しいと思う方向に突き進んでいるだけで、決して周りの人の意見を変えようとしている訳ではない。

―彼女たちはいろいろ考えて、子供を持たない事を決意している。それはちゃんとした決断であり、不妊症や精神的にやられてしまった訳ではない。

―普遍的な信念とは対照的に、子供を持たない人々の大半は同じ考えを持った恋人を見つけ結婚しているという事が研究によって確認されている。

―多くの人は生命の重要な目的は子供を産むことだと思い込んでいて、だからこそ生まないと人生の意味がないと思っている。自ら、子供を持たないという決断をしている人も、子供がいない人生が無駄なんていう意見に反対するはず。子供がいてもいなくても、ボランティアや寄付などをして周りの人を助けている人がたくさんいる。

―経済協力開発機構によると、ヨーロッパで25歳―49歳30%の女性は子育てをしていない。米国ではその数は17%。でも統計的にみると、地球に存在する90%の大人が親。

―女性が子供を産まないと決めたからと言って、彼女が間違っている訳でもなければ本当の女性ではないという事でもない。

―子供を持たない人々はキャリアに力を入れるので、結果的に、年を取ると子供を持つ同僚よりもお金を持つ傾向がある。

―昔から子供を産みたくないという女性はいた。ただ、今ほど妊娠を予防するものがなかったのと、宗教的にまたは社会的に厳しいルールがあった。

―一番大切な事は、好きな事をやって一秒一秒を楽しむこと。そしていつか、子供が欲しいもしくは欲しくないと気づいたとき、その考えを社会によって押し潰されないようにしよう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です