本当は正しかったディズニーの悪役(続編)

映画スタジオ「ディズニー」はこれまで100年近く、優秀でカリスマ性溢れる悪役達を輩出してきました。
華麗で記憶に残るキャラクターである彼らに、私達は恐怖心と同時にどこか好意を抱いてしまいます。
彼らの性格を深く知り彼らの立場にたって物事を見てみると、悪役がただの悪役ではなくなってきます。
今日も前回同様、「本当は正しかったディズニーの悪役たち」について、私が彼らの「味方」となって、お話します。

1.X-MEN
2.リトル・マーメイド。アースラ
3.パイレーツ・オブ・カリビアン。アルマンド・サラザール
4.アバター

BGM:
Teen Asty – L.O.S.T
youtu.be/sfu2upWllj4
MBB – Feel Good

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です