客室乗務員の知られざる秘密10

空の旅のお得な裏技。空の旅はお好きですか?それとも飛ぶのは嫌い?どちらの人も、きっと知らないであろう秘密をお教えしましょう!年中空を飛び続けている専門家、客室乗務員のみなさんに意見を伺いました。

現代の私たちは誰もが旅の達人。朝コンビニにいくかのごとく、異国へと旅をすることができます。飛行機に乗りなれたという人でも、その裏側を知ることができれば色々とお得ですよ。機内で働く人にとっても仕事がしやすくなるようなWin-winの裏技をご紹介!

タイムスタンプ

1.その昔、客室乗務員は男性ばかりだった 1:21
2.給仕係ではなく機長の補助係 2:36
3.フライトクルーもお客様と同じくらいイライラする 3:25
4.離陸中・着陸中は寝ないように 4:05
5.巡航中に寝るのはグッドアイディア 5:13
6.チキンorフィッシュ? 5:47
7.指示には従えさもなくば… 6:42
8.尾翼側の席が安心 7:45
9.客室乗務員に任せる 8:49
10.プロ直伝 飛行機旅行の裏技 9:18

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:

-1930年以前、飛行機のクルーは全て男性でしたが、その100年の歴史を経て、女性の多い職業となりました
-客室乗務員の本来の仕事は機長の補助係
-客室乗務員は飛行中の時間給で給料が決まります。飛行中とは飛行機のドアが閉じられた瞬間からのこと
-ベテランの客室乗務員は、離陸中の睡眠をしないようにと注意喚起しています。それは危険だから
-客室乗務員は夜間飛行で食事のサービスを遅らせるなど、乗客が眠れるような工夫をしています
-人気のないフィッシュを勧めるために、乗務員はフィッシュをアピールします
-一部の航空会社の乗務員にはスタンガンが支給されています
-飛ぶのが怖いという人は、統計的により安全な後部座席へどうぞ
-客室乗務員は応急処置とCPRの訓練を受けています。小さな傷や飛行中に頻発する体調不良をケアしてくれます。時には出産の立会いだって
-機内では靴を脱がないように。座席備え付けのテーブルは前の乗客が何に利用したかわかりません。書くためのテーブルならまだよし。中にはオムツを替える人だって。安全のため、消毒剤で殺菌するようにしましょう。客室乗務員に休憩時間はほとんどありません。喉が渇いたときは、呼び出すよりも自ら水をもらいに行くと良いですよ

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です