子供の人生をダメにする悪質な親の10の性質

子育てはとても難しくて、他人の子育てのやり方が間違っている!と決めつける事は出来ませんよね。それでも、単純な間違いと、悪質な親、または自分勝手な親による不適切な振る舞いにはハッキリとした境界線があります。この動画で、何が子供の心理に影響し、また、このような悪質な親を持つ場合、どのようにその問題に取り組めばいいか紹介していきます。

ナルシストな親に育てられると、子供は感情の形成の遅さ、または停滞に苦しみ、大人になった時にうつ病、不安症、心的外傷後ストレス障害、またはPTSDに陥りがちになる。
大人になった時に自制の厳しい、または高い目標のために全てを犠牲にするような人格が形成されることもある

こういった子供たちはいつも恐怖、不安にかられています。成長するに当たって、親の不平不満を聞かされ、その複雑な状況に自分を適応させ、親と同じ立場に立たされ、助け、我慢し、慰めます。

子供が本当は話したくなかったデリケートな事を打ち明けた後、親は親族、隣人、友人にその内容を言いふらす事になんの抵抗も感じません。この類の親は、子供に対して新たなことへの挑戦や成功を望んでいないことから、劣等感コンプレックスの押し付けをします。そのナルシスト的な自己愛が、子供が親よりよくなること、賢くなること、成功することに対して恐怖を植えつけているのです。

これらの親は寛大そうに見せながら、子どもの必要のないものを押し付けておいて、それを拒否された時にはものすごく憤慨します。子供は成長した時に、「多分親は一緒にいてほしいか、必要とされたいんだろうな」と考えます。それで親の助けを受け入れ、感謝をし、お返しもします。でもその親はその後でもその親はその後その恩を何度も蒸し返すため、結局ハッピーエンドにはなりません。

タイムスタンプ
悪質な子育ての効果1:00
悪質な親の性質
その1 私を怖れ、そして愛しなさい2:10
その2 大人の問題解決を強いられても、一人前としての権利は与えられない2:48
その3 一番になれ!でもお前は特別ではないことを忘れるな 3:27
その4 心を開く事、でも裏切られる前提で4:04
その5 お前は出来が悪いんだから、よくなろうとすら考えるな4:41
その6 成功していいけれど、それは親の為になる場合に限る5:33
その7 私の言う通りにしなさい、でも失敗したら悪いのはお前6:16
その8 この役立たずが、でも1人にはさせない6:40
その9 なんでもしてあげる、でもその恩は一生忘れるな7:11
その10 信頼しなさい、でもプライベートはないからね7:58

要約:
ナルシストな親に育てられた子供というのは、愛され、聞かれ、見られているという実感がない。彼らの人間性よりも外見の方が大事だと思っている。彼らの自我の成長の時にサポートを受けている実感がない。

悪質な親にとって感情的な攻撃は、愛、注目を与える事と同じ事なのです
父親がお酒に酔いつぶれているのは子供の悪い振る舞いのせいなんだと子供に思い込ませます

もし子供が一度大きなことを達成したとしても、これらの目標達成は親にとって当たり前。

悪質な親は子供には誠実であることを求め、後に、子供の個人的な話を躊躇なく使います

悪質な親は子供の失敗、失態を責め立てます。

悪質な親は、周りから羨ましがられるために子どもの成功を自慢します。しかも子どもの成功は親の生活の保証です。

この場合、親は子供を物のように扱います。親が全てに計画をたて、子供にはそれに服従させます。

悪質な親は子供を家から出させません。その上でその家、お金、食べ物は全て親のものだとします。

この子供は大抵こういった理由で親の奴隷になっています。親の好意を踏みにじり、憤慨されるか、親の好意を受け取り、その恩を延々と押し付けられます。

その親から自分の空間に立ち入ることを拒否すると、裏切り、または何か非合法なもの、非道徳なものを隠してないかと子供を責め立てるでしょう。

親の問題を指摘しない、変えようとしない。唯一変えられるものとすれば、私たちのリアクション。自分の境界線に制限をかけ、親の興味とは別に自分の興味を自分で選びましょう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です