エアコンがない人のための夏の暑さを乗り切る12の方法

エアコンなしで夏の暑さを乗り切る方法。外の気温が38度になった時、エアコンなしでどのように生き残ることができるのでしょう?私たちはお金をかけずに、猛暑から脱出する簡単で効果的な方法を発見しました。

通常1日で最も気温が低い時間帯は、朝の4時から7時なので、朝は窓を開けるようにしましょう。太陽熱が家に入るのを防ぐためには、正しいカーテンを使用することが大切です。エアコンができる前までは、人々は床を濡らしていました。室温はすぐに下がり、快適に眠ることができたのです。ベッドを冷やす別の方法は、シーツと枕カバーを冷蔵庫に入れることです。寝る前に取り出してベッドメイキングしましょう。

タイムスタンプ:
朝は窓を開ける 1:28
正しいカーテンを選ぶ 1:54
カーペット、ラグマット、ソファのクッションを片付ける 2:49
濡れタオルを吊す。床を濡らす 3:55
シーリングファンを設置する 4:36
自分でエアコンを作る 5:54
ベッドリネンを交換する 7:02
良いパジャマを選ぶ 7:47
使わない電気は消す 8:53
体の冷却ポイントを知る 9:16
水分補給をする 9:37
エアコンの温度を調節する 10:34

音楽:https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:

-外気温が24度以上の時は窓を閉め、それ以下の時は窓を開けます。

-白っぽく明るい色のリネン生地を選びましょう。このタイプの布は環境にやさしい素材で作られている上に、低アレルギー性で抗菌性です。

-熱を家の中にこもらせたくないのであれば、カーペット、ラグマット、ソファのクッションのような、埃が溜まる物を除けたほうが良いでしょう。そうすれば空気がより清潔なり、より冷たくなります。

-部屋を換気するときにタオルを濡らして、開いた窓の前に吊しましょう。家を素早く冷やすことができます。

-安価で、省スペース、そして部屋に風が行き渡り、涼しくなります。このタイプのファンを使用している場合は、スイッチがサマーモードに設定されていることを確認してください。

-ペットボトルやその他の容器に水を入れて凍らし、扇風機の前に置きます。すると冷たい空気が部屋中に行き渡ります。

-あなたのベッドリネンがサテンか合成繊維の場合は、コットンかシルクのシーツに変えた方が良いでしょう。コットンのシーツは汗をよく吸収し、肌を冷やします。
ベッドを冷やす別の方法は、シーツと枕カバーを冷蔵庫に入れることです。

-通気性の良いコットンのパジャマを選ぶか、若しくは裸で寝ましょう。

-照明はコンパクトな蛍光灯とLEDの白熱電球を選びましょう。 寿命の長いLED照明を使用したほうがより賢明です。

-氷袋か冷湿布を用意します。なければバンダナを冷やして氷を包みます。腕や手首、そけい部、首、かかとなどの脈がとれる部分にあてましょう。

– アメリカ心臓協会によりますと、脱水症状は深刻な状態であり、足のむくみや頭痛に始まり、熱中症などの生命を脅かす病気に至るまでの問題につながります。

– ほとんどのエアコンには、温度維持またはナイトモードの機能があります。
このモードにするとエアコンが自動的に運転を切り替え、室内の温度が一定に保たれます。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

宮司道章造 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です