世界中の警察がテールランプを叩く理由

世界の警察官の違反者の対応の仕方。違反運転者を停車させた際、警察がテールランプに手を触れている姿を見たことはありますか?停車させられた経験がある人や、それを目撃したことがある人は?違反が何であれ、車を停車させたときにテールランプに手を触れる警察官が多くいるんです。世界中の警察官が習慣的に行っているこのテクニック。実はとても大切なものなんですよ。

タイムスタンプ:

運転の統計 1:10
警察官の危険 3:14
テールランプを叩く理由 4:26
理由1 4:54
理由2 5:33
理由3 6:10
テールランプを叩かれたらどうする? 7:43

音楽:
Eyes of Glory
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:

-統計では、世界で毎日12億人のドライバーが車を走らせている。車社会のアメリカでは、平均的なドライバーは一年に17600分、車の中で過ごす。
-アメリカの警察では、昨年、道路違反の処理中に50名が殉職している。警察官が停車を求める理由には、スピード違反や盗難車、信号無視など、様々なものがある。
-テールライトを叩く行為は、車載カメラが開発される以前に警察学校で教えられた方法
-音を出すことが重要
-車体に手を触れることが重要
-新技術で使われなくなってきたものの…
-旅行先などで警察がテールランプに手を触れても怒ってはいけない。犯罪者扱いをされたと思っても、相手は用心しているだけ。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です