メガロドンが絶滅しなかったらどうなっていたでしょう?

2,600,000前、メガロドンは海に恐怖を与える地球上で最も大きなサメだと言われていました。また、メガロドンは脊椎動物の歴史の中で最も大きな生物。もしこの大きな海の肉食系動物が絶滅しなかったら?想像してみるのは怖いけど、恐竜や他の獣の生き物の化石を見ると何となく気になりますよね。これらの巨大な動物は何百万年も前に地球を支配していたからこそ、もし共存していたら、私たちの暮らしがどのようなものになっていたのかつい考えてしまうものです。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

メガロドンについて 1:17 

発見されたメガロドンの唯一の残骸 3:35

獲物をどう捉えていたのか 5:37

素晴らしい捕食者が全滅した主な理由 6:47

メガロドンが全滅しなかったらどうなっていた? 8:57

他の先史時代の動物や鳥 10:17

概要:
―この大きな海の動物は、新第三紀に暮らしていて、15mから17mもあり、体重は70トンから100トンもすると言われている。ルネサンス時代、メガロドンの歯は化石化された龍や蛇の舌の先端と良く間違われていたそう。

―メガロドンの発見された唯一の残骸は、その脊椎と歯だけ。オーストラリア、東南アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカの大陸で見つかっている。

―2016年にチューリッヒ大学の古生物学研究所と博物館の研究者によって絶滅した本当の理由は食糧争いだという事が明らかになった。

―メガロドンは直ちに歯を獲物の体に固定して、肋骨を粉砕し心臓や肺を破裂した。もう一つ、獲物のヒレを噛みちぎって食べる前に固定するという攻撃方法もある。

―もしメガロドンが全滅していなかったら、水生生物多様性もかなり豊かだったかも。とは言え、メガロドンと一緒に共存していた他の捕食者もまだ生存していたはず。

―他に地球上で恐怖を引き起こしたであろう生物はエーギロカシス、サルコスクス、メガテリウム、ティタニスもしくは「恐怖の鳥」。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です