20年後になくなる物とは?

VTRをいつから使わなくなったのか覚えてますか?じゃあガラ携帯やCDは?ガラ携帯は一時期、最新の技術だったのに今はもう昔の事。テクノロジーに限界はありませんよね!常に新しいイノベーションが巻き起こっていて、古いガジェットもより小さく早くなり、もっと便利になってきています。VTRを使っていた時代の他のアイテムも本当に大切な物はまだ残っていますが、きっとすぐにそれらの存在すら忘れてしまうでしょう。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

サイドミラーにさよなら! 1:57

リモコンにさよなら! 2:48

現金とクレジットカード 3:30

鍵 4:15

消えゆくワイヤー 5.17

バイバイ、注射器 5:57

配達サービスにもお別れを 6:50

サインにもおさらば 7:43

アディオス、ビニール袋 8.22

バイバイ、コンピューターマウス 9.07

ボーナス:上司はクローンかも 9:53

概要:
―アウディは2019年にサイドミラーがついていない車を発売するんだとか。このシステムは、現在のドアミラーを置き換えるもので、外側につけた小型カメラを使用し、取り込まれた画像を車内で観れると言うもの。

―ケーブル会社によっては、ケーブルがコントロールできるようなスマートフォンのアプリを開発している。タブレットやスマートフォンでコントロールができるようになるので、リモコンは時代遅れになるでしょう。

―マスターカードは実際に、新しくセルフィペイという技術を開発していて、顔認識で支払いができる。

―多くの企業は、より安全で効率的なセキュリティーシステムを作ろうとしている。想像してみましょう、車やアパートを声一つで、もしくは携帯のアプリや網膜スキャン、DNAで開けられるとしたら。

―ワイヤレスの充電技術は常に進化していて、既に多くの携帯がその技術に対応している。

―MITの研究者は飲むタイプのカプセルを開発して、そのカプセルは薬を直接、消化管や血流に放出する小さな針を備えている。

―最近だと、配達員ではなくドローンによって配達をする実験なども行われている。

―将来、人の顔がデジタルサインになる。

―環境に優しい国や街は、既にビニール袋の使用を見直している:ニューヨーク、ケニア、英国、そしてボストンもこれから参加する予定。市民に再利用可能な袋を使用するように促している。

―韓国のブランド、エボマウスはすでに指先がポインターになるマウスを開発している。

―スイス銀行の忙しい最高投資責任者、ダニエル・カルトは仕事があまりにも忙しく、デジタルで自分のクローンを作る事ため人工知能の専門家を雇った。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です