クレイジーだけどすごい!30のキッチンの裏技

すごい!キッチンの裏技

卵の調理は簡単ですよね。安いですしね。あなたの冷蔵庫にも、ありますよね?でも、どうやって毎回傑作に仕上げるのか、ご存知ですか?こちらの裏技をぜひチェックしてくださいね!

ゆで卵を作るのに、冷水から作る人と、沸騰したお湯に入れる人がいますよね。どちらの方法も利点と欠点があります。違いは卵た温まる速さなんです。

冷水から作ると、卵にはゆっくり火が通っていきます。こうすると白身がゴムのようにならないんですね。時間はかかりますし、なかなか思った茹で加減にできないのが難点。殻をむくのも困難な時がありますよね。

沸騰したお湯から作るときは、火の通りが早く、茹で加減の調節も比較的簡単です。でもこの方法には欠点が。火の通りが早いために、殻にヒビが入ってしまうんです。

どうやってゆで卵を毎回完璧にむくかって?

沸騰したお湯に卵を入れて、お好きな時間茹でてください。その後、氷水に10分から15分入れてください。こうすると、殻が簡単に剥けますよ。テーブルにコンコンとやって、軽く転がして見てください。転がしているうちに殻が取れちゃいますよ!

肝心の卵の茹で時間は?沸騰したお湯に入れる場合は、調節が簡単です。動画を見て、お好きな黄身の状態を発見してくださいね。ゆで卵はここまで、お次は目玉焼きにいきますよ!

フライパンを中火にします。バターを加えましょう。卵をゆっくりと割ります。火は熱すぎず、丁度いいはずですよ。こうすることで、白身に火は通りますが、ボコボコにならないんですね。そしてここからが裏技。水を少し入れて蓋をしてください。こうすることで蒸し焼きになって、黄身は色好く、白身にしっかり火が通りますよ。

そして最後ですがお待ちかね、スクランブルエッグでございます!まずはボウルに卵を割り入れましょうか。あ!殻が入ってしまった!殻入りのスクランブルエッグなんて嫌ですよね?取り除くためには、卵の殻を使いましょう!さぁ、卵を溶きほぐしていきます。そのあとに塩と故障で下味をつけます。フライパンにバターを溶かして、結構多めに入れていいですよ。そして卵を入れて待ちましょう!火は弱火にしてくださいね。フライパンの端の卵に火が通り始めたら、ゴムベラを使って内側に入れてくださいね。3分の2くらいに火が通ったら、そうここでもう1つの裏技、バターを投入するんです!バターが溶けたらクリーミーでとっても美味しいスクランブルエッグの出来上がりです!

出来上がったら、写真を撮ってインスタグラムに投稿するのもお忘れなく!

タイムスタンプ

1:23卵の調理時間は?

4:02人参鉛筆削り!?

5:56空間を有効利用できる裏技

10:43すごい料理の裏技

楽しいDIY企画、クラフト、楽しいDIYを体験しましょう!

オフィシャルチャンネル

「5分でできるDIY」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:http://bit.ly/2BhbztW

「5分でできるDIYキッズ」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:https://bit.ly/2JxnfgO

驚きの事実と便利なヒントが満載の「ブライトサイド」は、こちらからチャンネル登録をお願いします: http://bit.ly/2DsFPDw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です