世界中でクレイジーな結婚式の伝統12個

世界中の結婚式には、結婚式前、当日、そして直後で信じられない古い伝統があるんです。世界中から愛のあるちょっと変わった儀式を集めてみました。

結婚式を迎えている花嫁は数時間ジムで体作りに励みますが、モーリタニアの若い女性は「ルブル」と呼ばれる太る儀式を行っています。バリでは若い女性が結婚の準備として大人になるとき、歯を揃える式があるそうです。数百年までさか上る伝統の一環として、トゥチャ族の花嫁は式の一ヶ月前から泣き始めその後に母親、祖母、兄弟、そして叔母も一緒に泣きます。インドの一部の女性は、旦那が早く死ぬ呪いを解くためまず木と結婚するそうです。

スコットランドでは、悪霊を怖がらせ幸運をもたらすために彼女の友達や家族は喜んで糖蜜、灰、羽、小麦粉を花嫁に投げます。今後の新婚カップルは結婚儀式の間、これからの家族に真剣さを伝えるため一切笑いません。マサイの父親は自分の娘の頭や胸に唾を吐くという特別な祝福方法があります。

タイムスタンプ:

強制的に花嫁を太らせる 0:30

歯を削る式 1:38

鶏の肝臓からのアドバイス 2:37

クジラの歯の提供 3:16

花嫁の涙 4:03

木と結婚する 4:53

花嫁にタールや羽をぶちかける 5:37

投げ壊す(そして綺麗にする) 6:29

靴争い  7:10

無表情 7:53

人間の絨毯 8:26

幸運の唾 8:55

概要:
―モーリタニアでは曲線、脂肪の層、そしてストレッチマークが女性の美だからこそ結婚式の前に花嫁を太らせる。

―想像してみて、バリの人は人間に潜む6つの悪罪を「削り落とす」ため歯を削る式を行う。

―中国の内蒙古自治区に住むダウール族の人々は結婚式の日時を決めるために鶏の雛を切り開く。

―フィジーでは花嫁の父親に許可をもらうだけではなく、同時にクジラの歯を持っていかなくてはならない。

―中国南西部のトゥチャ族の花嫁な式の一ヶ月前から泣き始める。徐々に、家族の女性軍も一緒に参加して泣く。

―信じられないが、インドの一部の女性は占星術の兆候のため木と結婚する。

―スコットランドの花嫁は「黒くする」儀式で悪霊を怖がらせ幸運を引き寄せている。

―ドイツの結婚式のゲストは磁器皿やセラミック食器を粉砕して、新婚夫婦が始めての

一緒に行う家事として片づけなければならない。

―コンゴの結婚式に呼ばれる事があったら、びっくりしないで。新婦と新郎はこれからの家族に真剣さを伝えるため一切笑わない。

―フランス領ポリネシアでは結婚式が終わると新婦側のゲストは汚れの中で顔を下に横になり、一つの長い人間の絨毯を作る。

―マサイ族の父親は娘の頭と胸に唾を吐く事で、運命を騙そうとしている。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

向日一花 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です