あなたの心臓がちゃんと働いていない10の警告サイン

心臓病の防ぎ方。アメリカ内だけでも一年で610,000の人が心臓病により死亡しています。心臓に問題が起きてしまう原因はさまざまありますが、ほとんど場合が間違った生活習慣によるものです。あなたの体は病気のあらゆる警告サインを早めに出してくれるので、病気の早期に気づき事前に防ぐことができます。今回は一般的に見られる10の警告サインを見ていきましょう。

止まらない咳 1:41

接続的な咳はあらゆる健康問題の症状であり、心血管疾患もその一つ。例えば、ピンク色の血まみれな液体が発生する慢性咳は心臓に心不全の時に起こります。心不全は心臓が完全に止まってしまうという訳ではありません。ただ、心臓がしっかりと血液を流すことができていないとう事です。結果、酸素が血液によって体のあらゆる組織に運ばれてしまい酸素不足になってしまいます。

吐き気や食欲不振 3:14

多くの心臓病を抱えた患者は食欲不要、吐き気、もしくは両方感じる事があります。例え数口食べ物を食べたとしても。その理由は肝臓や腸の周りに液体が構築されてしまい消化が適切にできなくなるからなんです。症状としては、他にも腹痛、胃の不調、または膨満感があります。実際に、腹痛などは傷みが来たりなくなったり、と激しく心臓発作の直前に起こります。

肌が変に白くなるもしくは青みがかかった色合いになる 5:37

もともと肌白の人は必ずしも心臓病にかかったという訳ではありません。ですが、急に肌が白くなるという事は心臓がしっかりと血液を流していない事から起こります。体内に血液がしっかりと循環していない事によって引き起こされるショックは、心臓発作や心不全、また肌が突然白くなってしまう原因なんです。

慢性または急性疲労 7:14

疲労は、心臓発作を示す一つの症状の可能性があります。男性よりも女性の方が心臓に関連する疲労を経験するそうで、心臓発作を起こした女性は70%の患者が発祥する前に異常な疲れを感じたと報告されています。身体的、精神的な活動による疲れてではなく、また心不全であれば一日の終わりには疲れて果てるそう。このような症状はすぐに気づきますよね。ベッドを整えたりシャワーを浴びるなど、単純な作業でも疲れてしまいます。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

1.腕に広がる痛み 1:04

2.止まらない咳 1:41

3.腫れた脚、足首、足 2:28

4.吐き気や食欲不振 3:14

5.異常なほど不安 3:56

6.立ち眩みまたは気絶 4:36

7.肌が変に白くなるもしくは青みがかかった色合いになる 5:37

8.皮膚の発疹または普段見られない斑点 6:32

9.慢性または急性疲労 7:14

10.汗の増加 7:56

概要:
―心臓が正しく働いていないと、多くの男性は左側に痛みを感じ、女性は片方の腕か両腕に痛みを感じる。

―接続的な咳はあらゆる健康問題の症状であり、心血管疾患もその一つ。

―心臓が十分な血液を体内に送り込んでいないと、血管からの液体が組織の周辺に漏れてしまう。重力によって、下肢がもっとも影響を受ける。

―多くの心臓病を抱えた患者は食欲不要、吐き気、もしくは両方感じる事がある。例え数口食べ物を食べたとしても。

―理学コミュニティーでは「失神」とも呼ばれている立ち眩みや一時的な気絶は心臓病の患者によく現れる症状。

―湿疹のある人は、48%の確率で高血圧に苦しむ可能性があり、29%の確率で高コレステロールになる可能性もある。

―心臓発作の前はベッドを整えたりシャワーを浴びるなど、単純な作業でも疲れてしまう。

―インフルエンザのような症状や肌の詰まり、気温や体力関わらず汗をかく

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です