ペットに与えてはいけない10の食べ物

ペットの健康を守る方法。人間は自分の食生活を選べますが、動物は自分で選べずあなたが与えるご飯を食べます。ペットの健康をしっかりと守ろうとしても、時には間違えた食材を与えてしまい危険な状態を招いたり、死に至る事だってあるんです。食べ物の中毒をどう避けるのか?例えば玉ねぎやニンニクに含まれている、ある化学物質は動物の赤血球を破壊し、貧血を起こし、最悪の場合内臓に大きな損傷を与えてしまいます。骨にはたくさんのミネラルと栄養がたっぷりなのでペットに与えるべきですが、鶏や七面鳥のような家禽の骨や、豚の骨、そして火が通った骨は駄目です。他にも、コーヒー、チョコレート、アイスクリーム、そしてトマトも危険なんですよ。

音楽:
Action Time – Biz Baz Studio
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

玉ねぎとニンニクは与えては駄目 0:44
 
なぜユリがペットに取って危険なのか 1:50

ペットに取ってアボカドにどのような危険性があるのか  3:17

なぜペットにコーヒーとチョコレートを与えてはいけないのか 4:04

骨に潜む、犬への危険性 5:11

リンゴがなぜペットに取って危ないのか 6:52
 
ペットにトマトを与えては駄目  7:37

生卵がどうしてペットにとって危険なのか 8:21

ペットに取ってなぜブドウとレーズンが良くないのか 9:08

ペットにアイスクリームを与えてはいけない理由 9:53

概要:
―タマネギ科の植物や野菜にはプロピルジスルフィドが含まれている。この化学物質は動物の赤血球を破壊し、貧血を起こし、最悪の場合内臓に大きな損傷を与えてしまう。

―ユリは動物にとって毒であり、もし食べてしまった場合肝臓を破壊してしまう。

―アボカドにはペルシンと呼ばれる殺菌剤が含まれている。ペット・ポイズン・ヘルプラインによると、軽度な毒性レベルがあり、特定の動物のみ標的になる。

―カフェインは中程度から重度の毒性がある。心拍数や体温の上昇、過剰な排尿、脱水、震え、発作、そして死を引き起こす事がある。チョコレートも同じような害があり、得にテオブロミンが多く含まれているダークチョコレートは危険。

―アメリカンケネルクラブによると鶏や七面鳥のような家禽の骨や、豚の骨、そして火が通った骨は駄目。これらの種類は犬を窒息させるだけではなく、砕片により口、喉、腸にダメージを与えてしまう。

―赤リンゴはアレルギー反応を起こしてしまうので、犬や猫には良くない。リンゴそのものが害ではなく、種に害がある。

―もし犬があなたの自家菜園からトマトを取って食べちゃったら、トマト中毒のサインに注意しよう。

―卵白に含まれるアビジンは、体内のビタミンBの代謝を妨害する。この閉塞は、乾燥肌に繋がり、もしペットがあまりにも掻いてしまうと傷ができて炎症を起こす。

―これらの食材がペットにどのくらいの害を与えてしまうのか気になるところ。考えてみて下さい:たったの14グラムのブドウは、4.5キロの犬に中毒を与えてしまうんです!

―ほとんどの成長した動物は、実は乳糖不耐症でアイスクリームは身体が受け付けない。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

加賀美祥 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です