お腹と背中周りの脂肪を落とすたった一つのシンプルエクササイズ

夏に向けて完璧なビーチボディを作るためには、ぺたんこなお腹が理想ですよね。これ、実はジムに行ったりダイエットをしなくても実現できるんです。幸いな事に、実は一つだけ背中とお腹の脂肪を一瞬で落としてくれるシンプルなエクササイズがあって、綺麗な腹筋と曲線を作ることができます。

筋肉をしっかりと鍛えて理想の身体を作り上げるためには、プランクを正しくする必要があります。正しくやるには、腕立て伏せの姿勢になって前腕を床につき、肩の真下に来るように位置します。前腕の間は肩幅程度を保ち、それ以上広くならないようにし、体と平行になるようにしましょう。背中がアーチ形になってしまうと、脊柱にプレッシャーを与えてしまい背中の痛みの原因になるので真っすぐにしましょう。また、腰を床に近づけないように心がけてください。筋肉を鍛えるための効果が薄れてしまうので、トレーニング自体が無駄になってしまいますよ。最後に、首が上がりすぎても下がりすぎてもダメなので、顔を床に向け顎を胸の方へ引きつつ、おへそを見るようにするか目の前にある拳を見るようにします。このエクササイズは、この先1ヶ月の間、1日5分以内でできますよ。最初は25秒のプランクから始めて、240秒まで徐々に延ばしていきます。

これらの筋肉を鍛えるということは、腰やお尻にも効果があります。米国運動協議会によると、日頃からプランクをすると腰の痛みを軽減してくれ、姿勢も良くなるとのこと。

更に良い効果を出していきたい場合には、健康的な食生活を心がけましょう。結局、身体の内側をしっかりケアしないと外見も美しくなれません!とは言え、健康的な食事も、節度や量に気を付けるのが重要なポイント。本当にお腹が空いたときだけ食べて、急いで食べないようにしましょう。ゆっくり食べると、脳の満腹中枢が刺激されるのでお腹も一杯になり食べ過ぎが防げます。

音楽:
Seven Twenty – Diamond Ortiz
Cubic Z – Diamond Ortiz
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

シンプルなプランクの効果 0:45

正しくやる方法 1:05

チャレンジ 1:54

プランクがなぜ良いのか 3:38

健康的な食事のルール 4:27

概要:
―1ヶ月間、毎日プランクをし続けるだけで気付いたら身体に変化が起きる。

―腕立て伏せの姿勢になって前腕を床につき、肩の真下に来るように位置します。前腕の間は肩幅程度を保ち、それ以上広くならないようにし、体と平行になるようにします。

―最初の2日間は、25秒間プランクをする。3日目、4日目に入ったら30秒に伸ばす。5日目は、40秒。6日目は筋肉を休ませる。7日目と8日目は50秒頑張る。第一段階の最後の9日目と10日目は1分間。

―プランクは他のエクササイズよりも体幹を鍛えてくれる。あらゆる体幹の筋肉が関わってくるので、お腹もすぐにぺったんこになる。

―朝食を抜かない。ちょっとずつでも良いので不健康な食べ物を摂るのはやめましょう。本当にお腹が空いたときだけ食べて、急いで食べないようにする。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

伊達琉太 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です