1週間何も食べなければどうなるか? 水断食の方法と効果!

断食の方法。1週間何も食べなければどうなるか?体にとって危険なのでしょうか?最近、多くの人々が定期的な水断食を好んで行います。 水以外の食べ物や飲み物を摂取しません。

専門家によると、水断食は2日以内に留めるべきで、事前に医師との相談が義務付けられています。水断食には血圧を下げる、インスリンやレプチン感受性の改善、コレステロールレベルを下げる、体重を減らすなどの効果があります。まず、最も重要なことは、すぐに長期間の断食を行わないことです。 最初は2日程度で充分です。7日間の水断食を計画するのなら、ストレスが少ない時期を選んでみてください。 試験期間や引っ越しのときはベストタイミングではありません。

タイムスタンプ:
食べるのをやめた時、体に何が起こるか 0:56
6時間後にはどうなるのか 1:46
3日後にはどうなるのか 2:33
1週間後にはどうなるのか 3:05
1ヵ月~70日後にはどうなるのか? 3:22
水断食とは 4:16
断続的断食とは 5:18
水断食の方法 6:44
断食後はどうなるのか 8:20

音楽: https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:

-断食後、最初の6時間は、特に問題は起こりません。
-6時間後、血中グルコースの不足により、体が飢餓状態になり始めます。

-断食3日後、脳が極限状態に陥り、体のタンパク質を分解し始めます。 これはタンパク質がアミノ酸を放出するために起こり、アミノ酸は体が極度に欲しているグルコースに変換されます。

-断食1週間後、ビタミンやミネラルを一切受け取っていないため、免疫系が非常に弱くなります。

-このような飢餓状態では、約1ヶ月後、最長でも70日後に、死に至るでしょう。

-水断食には一つルールがあり、それは水以外の食べ物や飲み物を摂取しないことです。専門家によると、水断食は2日以内に留めるべきで、事前に医師に相談すること義務付けられています。

-ダイエットが目的で水断食をしたい場合、断続的断食という別の選択肢があります。これは、一定期間何も食べない、もしくはわずかなカロリーのみを摂取する生活を続け、その次の期間はいつも通りの食生活を行うことを意味します。

-まず、最も重要なことは、すぐに長期間の断食を行わないことです。 最初は2日程度で充分です。 初回の水断食中は体の反応を慎重に伺いましょう。

-断食を終えたら、食生活をゆっくりと元に戻しましょう。最初の2日間はスープ、ジュース、果物のピューレ、白米、マッシュポテトなどの簡単に消化できる食品が適しています。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

おぺち さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です