もしも飛行機のドアが開いてしまったら?!

航空機での旅行中安心するには。多くの人が、飛行機でシートベルトを締めた途端、大きな不安に襲われます。統計的には安心だと言われても様々な疑問が浮かびますよね。鳥にぶつかったら?エンジンが止まってしまったら?正しい高度で飛行機が飛ばなかったら?など!

タイムスタンプ:

1.フライトの最中に客室のドアを開けてしまったらどうなる? 2:33
2.飛行機が鳥にぶつかってしまったらどうなる? 4:12
3.飛行機が雷に打たれたらどうなる? 6:24
4.飛行機の高度が上がり過ぎたらどうなる? 7:42
5.飛行機が海に墜落したらどうなる? 9:30
6.飛行機の飛行速度が速くなりすぎたらどうなる?11:33
7.飛行中に燃料切れになったらどうなる?12:45

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:

– 飛行中にドアを開けた場合、出口付近の乗客は外へと吸い出されます。客室の気温は急激に低下し、機体は空中分解を始めます。ここから生存するには15〜20秒以内に酸素マスクを装着します
– 5.5kgのカナダガンが機体に衝突した場合、これは3mの高さから450kgの物体を落としたのと同じ衝撃になります。エンジンは止まりますが、それが大きな事故につながるとは限りません
– 標準的な商業機は雷に打たれても問題ないよう設計されています。管制員が雲を避ける理由は乱気流や雹といった物理的なダメージから機体を守るためです
– 旅客機は高度12km以上の高度で飛行することを想定されていませんが、飛行した場合は恐ろしい事故につながる恐れがあります。実際にそのような飛行機事故の例が複数報告されています
– 現代の飛行機は水面着陸の確率を高められるよう設計されています。水没する恐れのあるエアバルブはコクピットから操作可能になっており、浸水を防ぎます。また、現代の飛行機は30分以上水に浮いていることができます

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です