群集の中で押しつぶされずサバイブする方法

パニックになった群衆の中で生き残る方法。サッカーの試合、コンサート、またたくさんの人が集まる公の場所などに行く場合に備えて、あなたと家族を守るための安全の秘訣を知っておくことは損ではありません。このビデオでは、あなたが突然、パニックになった群集の中に飲み込まれたときどうするか、安全の見つけ方と、そこに行き着く方法、アコーディオンの動きとは何か、非常時のハンドサインの使い方などを知ることができます。
いつ何が起こるかは、誰にもわかりません。ですから、脱出方法を知るのは、常に良いことです。しかし、決してあなたの人間性を失わないことは、もっと重要なことです。だれかを倒したりしないよう、気をつけてください。女性や子供に道を譲り、できるだけ他人を助けましょう。そして、助けを求めることを恐れないで。

タイムスタンプ

情報その1. あなたの周囲を観察する。 1:10

情報その2. 高い場所を探しておく。 2:02

情報その3. 腕を縮める。 2:57

情報その4.  細い廊下や抜け口を避ける。 3:55

情報その5.  人とのコミュニケーションはハンドサインで。 4:45

情報その6.  実行可能な脱出方法を見つける。 5:49

情報その7.  落した物は放置する。 6:43

情報その8.  アコーディオンの動きをしてみる。 7:38

情報その9.  止まらない。 8:27

概要
-人混みや混雑した場所に行くときはいつも、5分間、その周囲を観察するようににしてください。 非常口がどこにあるか、またそれに代わる別の出口(たとえば、窓)などを数箇所選んでおきましょう。

-集団がパニックに陥った瞬間、恐怖に怯える人混みと一緒に出口に向かうよりも、高い場所を探してそこにしばらく留まるほうが良い時があります。バーのカウンター、家具、じゅうぶん高さがあれば、なんでも。
-あなたの周りに少しスペースをつくる必要があります。そして、そのような状況下においての最善策は、腕を縮めることなのです。
-あなたが細い廊下を通って外に出ようとすると、間違いなくあなたの生存率は下がります。隅に追いやられて動けなくなったり、人混みで倒されたりするでしょう。あなたを助けようとしてくれる人はほとんどいないと考えられます。
-もし誰かから何かが必要なのであれば、ハンドサインを使い、顔の表情で言いたいことを表現しましょう。手を振る、指差す、目を使う、などいくつかの方法があります。
-皆が公式の出口に向かうとき、別のオプションを試してみてください。フェンス、パレットストラクチャー、または、木。それらを選ぶ主なメリットは、同じことをする人がほとんどいないということです。ですから、倒されたり、重症を負うことがないと考えてよいでしょう。
-落としてしまった電話や時計を探しに行く人も、中にはいるのです。よく考えてください:その価値があるのでしょうか?群集の強い行動力を変えることは、即ちあなたが皆を敵に回すということです。
-あなたが人混みに前へ向かって押された後、波のように、必ずその流れが途切れる時があります。これが動くチャンスです。最も良いのは、人々の隙間を斜めに動くことです。2-3歩横にずれると、次の波がやってきます。

-斜めに動くか、前に向かい、振り向かないでください。人ごみから、慎重にうまく抜け出すことのできる道がないか、よく注意しましょう。もしも転んでしまったら、できるだけ素早く起き上がってください。

音楽:
. https://www.youtube.com/audiolibrary/music

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

畑耕平 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です