見た目も大事!人事課長が外見で判断する要素

あなたが夢見た職種につきたいのであれば、面接官にできるだけよい印象を与えることが必要不可欠です。よい印象を与えるためには衣装を含め大切な要素はたくさんあります。雇用専門家が、あなたと言う人物についての意見をまとめ、企業文化に適合するか決定するために使用する、5項目を見ていきましょう。

テキサス州オースティンに拠点を置く画像コンサルティング会社、エンパワーメントエンタープライズの代表、シェリー・メイソネイブ氏によると、第一印象は30秒以内に、完全に服装によって決まるとのことです。
服の色を利用して印象操作することもできます。服や化粧にパステルカラーを使えば人の信頼を得る助けとなりますが、使いすぎない事をお忘れなく。
青はクリエイティブな仕事以外の面接ではおそらくベストな色です。
赤は生命力、成功志向、適格性を表します。
就職面接においてビジネススーツは常に最良の選択とは限りません。その理由は雇用主に能力がありすぎる印象を与えるからです。
首回りを見せない、膝上2.5センチ上までの上品なドレスなどは適切です。
あなたの服装はできるだけ会社のドレスコードに近づけましょう。人は同じ格好をした人間に対しては仲間意識が芽生えます。よってあなたと他の従業員の見た目が近いほど、人事課長はあなたを協調性のある人間だと判断するでしょう。

音楽:

https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

服の色が与える印象0:36

服のスタイルが与える印象3:40

ブランドが与える印象5:36

備品が与える印象6:18

あなたがどの程度、企業文化に適合できるか 7:30

概要:

-青はおそらく面接ではベストな色です。対照色を選べば、パワフルで支配欲の強い印象を与えます。専門家の調査や意見によると、就職面接において最悪な色はオレンジであり、この色は素人っぽく見えることと関連しています。

-経営者が上級管理職を募集している場合であれば、花柄のドレスは不適切です。しかし、あなたが子供を教える仕事や創造的な仕事を探しているならば、このタイプの服装はむしろ望ましいものです。

-高級ブランドのロゴや高価な時計、最新の携帯は、候補者にとって地位こそ全てであり、自分が人にどう思われているかを気にする人間であることを示しています。

質の悪いマニキュア、古い服、その他の欠陥は悪い印象を与えかねません。小さなイヤリング、ブレスレット、時計のような小さくてエレガントな宝石類を着けて下さい。カバンは、はっきりした形のあるものにしましょう。

-就職面接にはソーシャルメディアを使ってできるだけ会社のドレスコードに近づけた服装で行きましょう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です