よくある携帯充電に関する間違い12

携帯電話のバッテリーを長持ちさせるには。お気に入りの機器のバッテリーがすぐに切れてしまうなら。いろいろな人がいろいろなクレイジーなことをしては、バッテリーの寿命を伸ばそうとしていますよね。冷凍庫に放り込んでみたり。充電にまつわるこのような間違った方法について、いろいろとお教えしますよ!

買ったばかりの携帯電話を初めて使用するとき、充電は100%にしない方がいいって知ってました?充電中に携帯電話を使用したり、夜充電しっぱなしにしたりしても、実は大丈夫なんです!

タイムスタンプ:
間違いその1:携帯電話は初めて使用する前に、充電量を100%にする必要がある 1:27
間違いその2:充電中の携帯電話は使用してはならない 2:45
間違いその3:別メーカーの充電器を使用するとバッテリーがダメになる 3:40
間違いその4:携帯電話の電源を落としているとバッテリーが悪くなる 4:34
間違いその5:バッテリーは訓練できる 5:12
間違いその6:一晩中充電をしたままにすると、バッテリーを破損する恐れがある 6:12
間違いその7:バッテリーは冷凍庫に入れると長持ちするようになる 7:00
間違いその8:バッテリーの寿命を延ばすにはそういうアプリを使うとよい 7:41
間違いその9:どんな場合でも充電器をコンセントに挿したままにしていると危ない 8:24
間違いその10:ノートパソコンも充電したまま放置しない方がよい 9:16
間違いその11:インターネットに接続している間はバッテリーの消耗が早くなる 9:58
間違いその12:ブルートゥースやGPS、Wi-Fiをオフにすることでバッテリーを長持ちさせることができる
バッテリーの温度はク〜ルに 11:46
バッテリーを保管するときには少し充電を残して 12:21

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

– 新品の携帯電話はそのまま使用しましょう
– 使用中であってもなくても充電効率は落ちません
– 充電器が正常に動作している場合は安全です。緊急時に充電が必要になった場合は互換性のある充電器を使用すれば大丈夫です
– ときおり電源を切ってもバッテリーの充電がなくなるということはありません
– 充電の残量が90%であっても充電してしまえばオーケー
– バッテリーの寿命を最も長く保つには充電量が40%〜80%の間になるようにします
– 携帯電話を凍らせてもバッテリーが停止するだけです。急激な温度変化はリチウムイオン電池の大敵
– 携帯電話に内蔵されたシステムが常に本体のパフォーマンスを最善の状態に保っています。第三者によるアプリはバッテリーの効率を下げるだけであることが多いようです
– 充電器は特定の状況を除いて、壁に挿したままでも問題ありません
– 専門家はノートパソコンの充電を0%にすることは月に1度以上してはならないと言っています
– ネットサーフィンや記事を読むという行為をしているだけの場合はバッテリーを大きく消耗するということはありません
– Wi-Fiは携帯電話通信に比べて省エネです
– 携帯電話やタブレットPC、ノートパソコンを直射日光や車内に放置してはいけません。ビーチやサウナも同様です
– 保管されたバッテリーは、時と共に放電していきます。充電量が0%になったとき、バッテリーは誤動作を防ぐため、自らを切断します

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

畑耕平 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です