顔に合わせた正しいサングラスの選び方

あなたをスタイリッシュに見せる、顔にあった正しいサングラスの選び方をお教えしましょう!専門家の簡単なアドバイスで、正しいファッション選びができますよ!

まずはあなたの顔タイプを調べるところから始めましょう。ホワイトボード用マーカー、口紅、石鹸、鉛筆などを手に取り、鏡へ向かいます。顔の輪郭をなぞったら、その形を見てみましょう。以下の6つのタイプに分類されるはずです。
丸型・卵型・面長型・三角型・四角型・ハート形

UVカット率も大切な要素。掛け心地がよく、レンズの色が用途にあったものを選びます。また、素材にも注意しましょう。UVのカット率や偏光レンズであるかどうかもよく調べます。

タイムスタンプ:

丸型の顔 0:39

卵型の顔 2:10

四角型の顔 3:31

面長型の顔 4:53

ハート型の顔 5:51

三角型の顔 7:30

1.UVカット 8:53

2.かけ心地 9:20

3.レンズの色 9:48

4.レンズの素材 10:36

5.サングラスのUVカット率を調べる 11:38

6.偏光レンズかどうかを確かめる 11:56

概要:

– 丸型の顔の人は顔に長さを持たせるのがポイント。暗めのフレームのサングラスを選びます。顔のプロポーションのバランスをとるため、幅の広いものを選びましょう
– 完璧な卵型のプロポーションを台無しにしない選び方がポイント。顔の幅にあったフレームかやや広めのフレームを選びます
– 四角型の顔の人は大きめのサングラスで顔のシャープな印象を和らげ、顔のプロポーションを保ちます
– 面長型の顔の人は顔を広く見せましょう。大きく存在感のあるサングラスでフレームの薄いものを選び、肌の色に合ったものを選びます
– ハート型の顔の人は顔の上半分と下半分のバランスを取ること。顔の幅と同じ幅を持つサングラスを選び、それ以上のものは避けます
– 三角型の顔の人は顔の上半分を広く見せ、下半分の印象を抑えるようにします。大きく広いフレームを持つサングラスを選びましょう
– 健康リスクを避けるためにも95%以上のUVカット率のあるサングラスを選びましょう
– サングラスはかけ心地の良いものを。小さすぎたり頭を締め付けるようなものは避けます
– レンズの色は光の強さを弱め、コントラストを変化させ、色の認識力を低下させます。用途に合ったものを
– レンズの素材にも注意を配ります。サングラスはキズ一つでダメになるため、キズ耐性のあるものを選びます
-レンズを通してブラックライトを照らし、蛍光素材に当ててみます
– 光を反射する面を目で見たら、サングラスをかけてもう一度見ます。偏光レンズならば、反射光が消えるはずです

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です