飛行機の墜落事故から生き延びるコツ8つ

飛行機墜落事故に巻き込まれてしまったらいくつかの規則を守る事で生き残る確率が高まります。そもそも墜落事故で死ぬ確率は11,000,000分の1ですが、念のため準備しとくと安心ですよ。

すべての飛行機事故が致命的であるとは限りません。場合によっては航空機が高度を失ってしまう、滑走路から滑り落ちる、または大きな揺れでも死亡者や負傷者がでないかもしれません。米国の国家運輸安全委員会の調査によると、過去の民間航空事故の生存率は95%であると言われています。

飛行機の航空券を買う時、できれば、大きめの飛行機と正しい席を選びましょう。飛行機の後ろから、通路側の出口から5列目以内の席がもっとも安全です。避難するのに時間がかかりません。見た目を気にして、飛行機に乗る準備はしないでくださいー生き残れる服装を心がけましょう。動きやすいジーパンやスニーカーを履いて100%オーガニックコットン、もしくはウールを着ましょう。これらの素材は合成繊維と違って溶けません。

飛行機の墜落事故の統計によると、80%もの事故が離陸後3分後と着陸8分前に多くの墜落事故が起こるそう。つまり、その時間帯に気を付ける事が実はものすごく大切なんです。飛行機が緊急着陸をする時、客室乗務員から衝撃に備えるよう指示が出ます。目の前に席があったら、手を交互させ頭を怪我してしまわないように備えましょう。

もし寄りかかる席が前になかったら、できるだけ深く体を前に倒し、膝を持って上に頭を乗せましょう。飛行機が止まるまで、その体制でいてくださいね。頭を手で覆うと、更に安全です。

墜落から回避できたら、飛行機から避難する時間はたったの90秒です。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

できれば、大きめの飛行機を選ぶ 0:45

正しい席を選ぶ 2:20

適切な服を着る 4:02

安全カードをしっかりと読み、客室乗務員の話を聞く 5:05

+3/-8のルールを覚えておこう6:01

衝撃に備える 7:02

90秒以内に避難する準備をする 8:03

一般的な安全規則に従いましょう 8:56

概要:
―大きめの飛行機を持っている航空会社はものすごく厳しい安全規則がある。地方航空会社などの小型航空機の方が、事故率が高い。

―いざとなった時、生存の確率が高くなるのは出口の列、もしくは5列以内の席に座ると良い。

―安全を十分に高めるためにも、100%オーガニックコットン、もしくはウールを着る。

―安全に対する説明をしっかりと読み、客室乗務員による非常口の説明はしっかり聞く。

―離陸した最初の3分、着陸する8分前は得に気を引き締めて注意する。

―避難する時間は90秒しかないため、躊躇したりパニックになっている暇はない。

―飛行機が地面や水の上に着陸したら、シートベルトを外し、素早く出口の方に向かう。機内に持ち込んだ荷物は持っていっては駄目ですよー手は使える状態にしておく。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

畑耕平 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です