あなたのペットが助けを求める10のサイン

ペットの事が大事で、その健康を気遣ってあげたいと考えているなら、ちょっとしたサインにも気を配ってあげ、必要な処置をすぐ取るようにしてください。ペットの命を守るためにも、これら10のサインに気をつけて。

小型の犬や猫は時折咳のような声をあげることがあります。これは逆くしゃみ。喉の不快感が原因です。これは自然に治るものです。咳や逆くしゃみが2週間以上治らない場合は、異常のサイン。心臓や肺の病気、フィラリア、気管支炎、肺炎、気管虚脱が疑われます。

膨れたお腹は食べ過ぎに過ぎない場合もありますが、消化不良、腹膜炎、ホルモンバランスの乱れ、内出血のかのせいがあります。犬や猫の膨れたお腹は胃捻転の恐れもあり、これは放っておくと死に至る危険な状態です。

チョコレートはペットにとっては毒。テオブロミン中毒を引き起こします。食べてしまった疑いがある場合には、獣医さんにつれていってあげて。

犬は胃などに異常がある場合、変な場所を舐める習性があります。猫が執拗に舐めるという場合は、退屈や不安、OCDといった精神疾患の恐れがあります。

猫や犬があまりおしっこをしたがらないという場合は尿結石や尿道炎の可能性があります。これらの病気は激痛を伴う上に、命に関わる場合があります。ペットが毛が抜けるほど耳を掻いているという場合には、獣医さんにつれていってあげてください。検査によってその原因が寄生虫によるものかホルモンによるものか真菌感染によるものかを見分けることができます。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:
咳 0:56

嘔吐 2:12

膨れたお腹 3:15

無気力 4:37

過剰にそわそわしている 4:58

体重の減少 5:42

体をよく舐める 6:35

おしっこの回数の変化 7:27

脱毛やかゆみ 8:39

食欲不振 9:14

– ケンネルコフは子犬や子猫、鼻の短い種類の子は呼吸困難を引き起こすため危険です
– 嘔吐は胃腸病や膵炎、腎臓病、寄生虫によって引き起こされます。吐瀉物に血が混じっている場合は、尖ったものを飲み込んで胃が傷つけられている可能性があります
– お腹の腫れを原因不明のまま放置しておくと、胸を圧迫し呼吸困難を引き起こし、命の危険を引き起こす場合があります
– 犬や猫の虚脱や無気力は、様々な感染症や、糖尿病、低血糖、貧血によって引き起こされます
– 犬や猫が体重の10%を失っている場合、代謝異常や腎臓や肝臓の病気、神経筋疾患、そして癌の疑いがあります
– 同じ場所を舐め続ける犬や猫が抱えている可能性があるものはノミやアレルギーです
– おしっこの頻度が多すぎる場合、糖尿病の疑いがあります
– 犬や猫が耳周りの毛を失っている場合、ノミやダニ、耳ダニや疥癬の疑いがあります
– ペットが24時間以上食べ物に口をつけていない場合はストレスや痛み、熱が疑われます

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————
声の提供
荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です