コーヒー好きなら知っておくべき10の素敵な事実

コーヒー通になる方法。世界中で毎日22億5千万杯以上のコーヒーが消費されています。あなたもコーヒーが大好きかもしれませんが、果たしてその全てを知っているでしょうか?今回は世界で最も有名な飲み物の面白い事実をまとめてみました。さらに、体重を減らしたい人向けのボーナスもあるので動画は最後までじっくりご覧ください!
タイムスタンプ:
強いコーヒーは存在しない  0:53
コーヒーの最適な摂取時間  2:50
薬による相互作用  4:16
効果の持続性 5:02
挽いたコーヒー粉が良いのは15分だけ 5:43
コーヒーはどのように生産されているか  6:27
真空パックに付いているバルブ  7:26
コーヒーは運動能力に影響する  8:08
コーヒーは食べられていた 9:06
コーヒーを淹れる  9:48
ボーナス:コーヒーの大量摂取は体重増加に繋がる  10:44
音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music
概要:
-深煎りコーヒーはそれほど強くなく、ただざらついた舌触りなだけ。カフェイン含有量については、世界には主に2種類のコーヒー豆、アラビカ種とロブスタ種があることを知っておくべき。
-コーヒーを摂取するのに一番良い時間は体のコルチゾールレベル次第。朝7時頃に目覚める大半の人は、8時から9時の間にはコルチゾールレベルが高くなり、次のピークは昼の12時から1時、最後は夕方5時半から6時半の間。
-偏頭痛に苦しむ1743人を対象にした調査によると、ドイツの科学者は、カフェインは鎮痛剤の影響を増強させることを発見。
-一杯のコーヒーから摂取するカフェインは、15分から45分でピークを迎え、その後体に12時間ほど残り続ける。
-挽きたてコーヒーは15分経過後、その豊かな香りの60%を失い、風味が劇的に変わる、もしくは完全に消えてしまう。
-たった900グラムのコーヒーを作る為に、2本分の木を消費する。木になる白い花は誰もが知っているコーヒー豆の元であるコーヒーチェリーへと変わる。
-袋にあるバルブの実際の意味とは、そのコーヒーは粉砕され焙煎した直後すぐに密封されたという証拠である。
-カフェインは体内のアドレナリンレベルと脂肪組織から出る遊離脂肪酸を上昇させ、トレーニング前にコーヒーを摂取した人を最高の結果へ導き、およそ6%も運動を楽に出来るようにした。
-コーヒーは元々果物からの生産物であって、最初に飲み物として扱われなくても不思議ではない。アフリカの人々は動物性油脂と挽いたコーヒー豆を混ぜてペーストにしてから、それをボール状に丸めて、より活力を得る為に食べていた。
-コーヒーの焙煎度合いはカフェイン量には影響せず、その含有量は同じまま。焙煎中、微量のカフェインは消えてしまうが、あなたの風味の経験にはほとんど影響を与えない。
-コーヒーは体内のコルチゾールホルモンを増幅させ、砂糖や甘いものをより渇望するようになる。さらにカフェインは、睡眠サイクルも混乱させるので、翌日エネルギー不足を感じ、高カロリーなお菓子をもっと食べたくなるように誘惑する。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
————————————-
声の提供
宮司道章造 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です