毎日一杯のワインを飲んだらどうなるのか

あらゆる研究で、毎日一杯のワインを飲むのと身体に素晴らしい影響があると言われていますよね:体内の毒を取り除き、脳の機能を改善するそうなんです。という事で、果たしてこの事実が本当なのか探るために、一ヶ月間毎日一杯のワインを飲む実験をしてみました。

実験のスタートはものすごく順調!毎晩テレビの前で赤ワインを飲むと、ものすごくいい気分になりました。でも初めて三日後にはなんと寝れない状態に。ベットの横に水を置いておかなきゃいけないくらい夜中に喉が渇く症状が現れました。

この実験を通して一番良かった事は、友達と「飲みに行く」という定義が変わったという事。一杯のワインを楽しむために人を呼び、同意した人のみ来てくれたんです。

2週間目に入ると、外見に変化が見られ始めました。残念ながら、良い方向ではありませんでしたが。もしかしたらずっと家にいて、食事の量も増えたから体重が増えたのかもしれません。言うまでもないですが、毎日飲むことによってくまや吹き出物が出るようになりましたーこれは欲しくないもの。毎日血圧を測ったところ、アルコールは何も変化を示さなかったと自信を持って言えます。健康に問題もありませんでした。でも実験の終わりには、集中が途切れたり、弱々しくすぐ疲れるように感じられました。

家で飲むという事については確かにいいくつかメリットがありました。必要のない集まりに参加しなくていいという事も、実験をやって良かったことの一つです。誰ともっと一緒に時間を過ごしたいのか、または過ごしたくないのかを見きわめる良い機会になりました。それに、ワインを飲みながらチーズを食べるという文化に興味を持ち始めたんです。とは言え、個人的には、今回の実験では科学者に同意はできません。ワインを毎日飲む、ということは、一杯だけであっても健康に良くないと思います。

音楽:
Quincas Moreira – Bluesed and Abused
Otis McDonald – Side Steppin
Rondo Brothers – Yellow Rose of Berkeley
Quincas Moreira – Josefina
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

実験概要 0:36

最初の数日間  1:25

罪悪感について 2:37

飲み会に対する新しい考え 3:24

見た目と健康の影響 4:12

結果 5:06

概要:
―研究者や医者は、辛口の赤ワインが身体に良いと言ってる。という事で、本当かどうか試してみた。

―実験のスタートはものすごく順調、でも3日目から睡眠に影響を及ぼしだした。

―夜は自分の家でゆったりと飲むという事はメリットだった。趣味が合う友達や、本当に仲の良い友達のみと過ごすようになった。

―2週間目に入ると体重の増加、くま、吹き出物が出るようになった。でも実験の終わりには、集中が途切れたり、弱々しくすぐ疲れるように感じられた。

―毎週バーに行って飲むより家で飲む方が安くつくし、いつでもリラックスができる。でも、一杯だけであっても毎日飲むのは不健康だと思う。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————–
声の提供
かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です