一日8時間座った時に起こる10の症状

毎日8時間座ると、重大な健康障害を引き起こします。
イスに座る時間が長い生活をおくると、多くの深刻な健康問題を引き起こします
背骨のひずみ、心血管疾患、静脈瘤、肥満および早期老化など、これらはそのリスクのほんの一部です。

幸いにも、いくつかの簡単なヒントと改善するための重要な手順があります。
オフィスではできるだけ歩いたり、エレベーターの代わりに階段を使用したり、休憩をとって体操をするなどしましょう。

タイムスタンプ:
背骨の歪み 0:24
心臓血管系 1:42
静脈瘤 2:40
肥満 3:30
筋肉と骨 4:28
消化器系 5:00
老化 5:35
精神的苦痛と不安 6:11
不眠症 7:05
パフォーマンス障害 7:45
さあ、あなたはどうしますか? 8:26

概要:
-あなたが座っているとき、ひずみは骨盤と背骨に伝達され、椎間板への圧力が高まり背骨の歪みが起こります。

-座位中心の生活は筋肉や血管を弱め、血液の循環を悪化させます。

-長時間足を組んで座ることにより静脈瘤は発症します。

-長時間座ると代謝が悪くなり、体は少しのカロリーしか燃焼させることができず、余った分を脂肪として蓄積します。

-体をあまり動かさず猫背の姿勢でいると筋肉と骨が弱くなります。

-運動不足は2型糖尿病を発症するリスクを高めます。

-体をあまり動かさない生活をすると早く老化します。

-運動不足はうつ病や不安につながります。

-体をあまり動かさない生活をすると、睡眠の質に影響を与えます。

-男性が毎日8時間イスに座る生活をした場合、肥満やパフォーマンス障害発生のリスクが高くなります。

-予防のために科学者や医師から簡単なアドバイスがあります。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
————————————-
声の提供
荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です