あなたが好きな色で性格を判断してみよう

びっくりする事にあなたのクローゼットに閉まってある服の色の好みで性格が分かるそうなんです。エミー賞を受賞したスタイリストで、「Color Your Style」の著者、デイビッド・ザイラからその理由を解析していきましょう。

黒という色は威信、力、真剣さ、そして知的だと周りから思われるそうです。土の色に近いこちらの色は信頼性、強さ、そして安定の色なんですよ。ジャーナリストでもある心理学者のリサ・ジョンソン・マンデルは青色は自信と信頼性を訴えているので面接などには最適だと言っています。緑色は自然の色でだからこそ平和と平穏感を与えてくれる色なんです。明るい色の赤は、人にすぐ注目されます。黄色は脳内のセロトニン産生を促し、新陳代謝も上げ気分を向上させるそうです。白は自由や純度、純粋で単純さを表しています。柔らかいピンクは落ち着き、愛情、そして女性らしさを表します。スタイリストがよく言うように、グレーはバランスの色です。

音楽:

タイムスタンプ:

黒 0:38

茶 1:28

青 2:04

緑 3:03

紫 3:43

赤 4:34

黄 5:20

白 5:58

ピンク 6:38

オレンジ 7:28

グレー 8:03

シルバーとゴールド 8:55

ボーナス  9:29

概要:
―黒い服を好む人は、野心的で意欲的ですが、同時にものすごく傷つきやすい。

―茶色い服をたくさん持っている人は、やや保守的でお年寄りを尊敬し、何事に対しても常に平和、安定、そして強さを探し求めている。

―青は、親切で同情的、また礼儀正しい人や恥ずかしがりやの人が選ぶ色。

―緑をよく着る人は、積極的な人生を歩む傾向があり親切で面倒見がよく暖かい性格をしている。

―紫は創造性、洞察力、そして芸術に対する愛情を表現している。

―情熱を表す赤を選んだ人は、明るく興奮しやすい性格。

―黄色を着る人は活発でクリエイティブ、そして親しみやすいタイプ。

―白を良く着る人は、楽観的でいつも人生を明るくブライトサイドを探し求めている。

―ピンクが好きな人はロマンチック、楽観的、そして独善的。

―オレンジの服が好きだという人は、楽観的で元気があり、いつも楽しんでいる。

―グレーの色をした服をたくさんもっている人は、注目が嫌いで自然でいたい。

―メタリックな色をよく選ぶ人は注目を浴びるのが大好き。

―英国の女王エリザベス2世はその日の気分によって服の色を変えている

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
——————————————
声の提供
伊達琉太 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です