食べるときは気をつけて!危険かもしれない9の食品

食中毒を避ける方法。スーパーで健康的な食べ物を自分や家族のために買っても、それらの食品には命を脅かす危険が潜んでいるかもしれませんよ。そのような恐れのある9種の食品を集めました。これらの食品を安心して食べるための注意点もご紹介しますよ。

レタスの危険

CSPIの研究者が過去12年間の統計を調査した結果、レタスを原因として363件の食中毒が発生し、13568人が発症していたということがわかりました。その原因は大腸菌。人や動物に感染し、脱水、血便、腎不全などを引き起こします。特に妊婦、子供、お年寄りといった免疫の弱っている人々には危険です。

卵の危険

危険の2位は卵。12年間で352件の食中毒が発生。11163人が発症しました。原因菌はサルモネラ菌。特に子供、お年寄りなど免疫力の低下している人は危険です。外国では生で食べないように。また、黄身の立っていないものも不適切な温度で保管されていた可能性があるためできるだけ避けましょう。

チーズの危険

チーズを原因とする83件の食中毒が過去12年で起こり、2761人が発症しました。チーズそのものに危険な物質は入っていませんが、その製造過程で細菌に感染するルートは無数に存在します。妊婦の人はブリーやフェタ、カマンベール、ミックスチーズなどといったチーズには特に注意するようにしてください。リステリアに感染し、流産する恐れがあります。信頼できる製造者からのみ買うようにしましょう。また、基準を満たしているかどうかのチェックをすると安心です。

肉製品の危険

統計によれば、ソーセージやその他の精肉製品のうち12%が大腸菌や病原性のリステリア、サルモネラ菌といった菌に感染しているということがわかっています。これもまたお年寄りや妊婦、1歳未満の子供には特に危険です。リステリアに感染すると、神経系を破壊される危険性もあり、髄膜炎になる恐れもあります。これらの症状から身を守るためには、肉の中心温度が70℃以上になるよう十分に加熱しましょう。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:

レタス 0:54

卵 2:46

鶏肉 3:36

マグロ 4:44

チーズ 6:04

ホットドッグその他の精肉製品 7:27

ひき肉 8:41

シュリンプカクテル9:07

炭酸飲料 9:39

概要:

– 過去12年で363件の食中毒が発生し13568人が発症。最悪の場合、脱水や血便、腎不全に陥る恐れがある。
– 卵のバクテリアは特に子どもやお年寄りなど免疫力の弱っている人に対して危険。
– 鶏肉のバクテリアによる感染は深刻な症状になることは少ないが、お年寄りや小さな子供など、免疫の弱い人々の間では死亡例も存在する。
– マグロによって感染すると発心、頭痛、嘔吐、胃痛、下痢、心拍の上昇、失明などが起こる。
– チーズには危険な物質は含まれていないが、製造過程でバクテリアに感染するルートが無数に存在する。
– ソーセージやその他の精肉製品のバクテリアに感染すると神経系を破壊され、髄膜炎になる恐れがある。
– 包装済みのシーフードのトレーに存在する酵母菌の量は基準値を超えている。
– 肥満や肝臓へのダメージを除いたとしても、炭酸飲料は骨への悪影響がある。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
————————————–
声の提供
荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です