空港職員が暴く、9つの秘密

空港に働いている人々だけが、空港の本当の事実を知っていて、あなたに知られたくない秘密を多く抱えています。私たちはこの事実を変えるべく、全ての旅行者が知りたい空港の中の9つの驚くべき真実を明らかにしていきたいと思います。
乗客が隠しておきたいと思う最もプライベートな“部分”は、空港によっては強力な“丸裸スキャナー”によって画面にはっきりと映し出されてしまいます。空港警備員は画像に撮られた人が脅威でないとわかったら画像を即座に削除する義務はあります。少しは気持ち、晴れましたか?
ほとんどの空港にはプロファイラーと呼ばれる特定の専門家がいます。この人たちはスポットと呼ばれる練習をしたり、観察技術を使ったりして乗客を分析します。彼らの仕事は唇をかんだり、落ち着きがなかったり、周囲を見渡したりする人々の言葉を発しない不安を察知します。特殊なカメラでも同様の監視が行われており、情報はコンピュータに送信されているので、攻撃性があり危険だと判断された人物は空港警備員によって呼び止められて詳細を調べられる可能性があります。
荷物が飛行機に乗せられる前には5つのセキュリティチェックがあり、中身をスキャンされるのに加えて、特殊警察犬が匂いで薬物や他の危険な薬品が入っていないか確認する工程もあります。
機内食のメニューは1年前には決まっていて、旅費に反映されて経費削減の対策が練られています。事実、アメリカン航空は全ての機内食からオリーブを1つ減らしただけで当時の値段で約4万ドルも経費を削減しました。
通信司令官1人につき約5台ものモニターが与えられており、そこに映し出される天候や他の飛行機の情報は刻一刻と変化します。

空港スタッフは無効なビザや、ビザを持っていないために入国できない乗客のチケット台を代わりに払わなければいけません。しかし誰もあなたの為にお金を支払いたくないので、チェックインカウンターの係員は必ずあなたのビザがその国に渡航可能かどうかをしっかりとチェックするのです。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:
私たちの裸は丸見えになっている。0:36
無意識の仕草を分析するスペシャリストがいる。 2:34
あなたの攻撃性は見抜かれている。 3:43
一旦空港を離れたあなたの荷物はどうなるか分かりません。 4:38
あなたの荷物は麻薬探知犬にチェックされている。 6:10
機内食は24時間365日作られている。 7:21
飛行機はあなたが想像する以上に管理されている。 8:19
有効なビザを持っているかは念入りに確認されます。言い訳は出来ません。 9:03
あなたの手の中に何があったのかはバレてしまいます。 9:52

Summary:
-特別なスキャンが導入されていて、乗客は腕を上げて通過することが求められます。実は、裸のあなたが映し出されているのです!
-プロファイラーは、多目的エリアと入国審査の両方で働いています。顔の表情、ジェスチャー、そして行動を分析し、慎重に疑わしい人物を見つけ出します。
-多くの大きな空港では、利用者が酔っているか、または薬物の影響下にあるかどうかを判断できる特殊なカメラが設置されています。さらに高度な技術のカメラでは、その人物の攻撃性まで一定のレベルを検出することができます。
-預けられた荷物は自動的にバーコードがスキャンされ、その行先に応じて分けられます。空港の職員も一度自分の持ち場を離れた荷物のことはおそらく気にしていないということでしょう。
-犬の嗅覚は人間よりも 1万から10万倍も優れているのです。麻薬探知犬はあなたの荷物が通過する5つのレベルのセキュリティチェックのうちの一つです。
-空港には機内食用の巨大なキッチンが完備されていて、24時間365日稼働しています!そして、機内食のメニューは1年前には開発されています。
-空の交通の制御は、エンロール、ターミナルとタワーの3種類があります。それぞれの通信司令官が責任をもって自分の領域を管理しています。
-もし空港職員があなたのビザの有効期限が切れていることに気づいたら、同じ航空会社によって強制送還されます。
-特殊な“記憶”が出来る機会によって、あなたの手に残った薬品や爆発物の匂いを簡単に見つけ出すことができます。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供
荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です