チベット民族に学ぶ子育ての4段階

人にとって最も責任感の問われる仕事は育児と言われています。世の中にはたくさんの育児本と手法があります。チベット民族はユニークな4つの異なる段階を使用し、責任感があり、周りから尊敬され、自立した子どもを育てます。
第1段階は、生まれてから5歳までで、周りのもの全てに興味を抱きます。しかし経験が浅いためにまだ合理的な判断を下すことが出来ません。彼らが間違ったことや危険なことをした場合は、その行動をよく見て、身振り手振りで危険であることを伝え、彼らの注意をよそに引き付けましょう。幼少期は一生に一度しかありません。思うがままに世界を探検させてあげましょう。
10歳の誕生日までの5年間は、彼らを奴隷のように扱ってください。王様の特権のみを与え、奴隷の勤勉さを無視して育ててはならないのです。この時期は全てのバランスを取る為にとても重要です。
10歳から15歳までの第3段階では、あなたは子どもにとって信頼できる友達となることが重要です。この年齢の子どもは個人的な意見や趣味を形成し始めており、それをあなたと共有したいと考えています。決して彼らの意見や興味を批判してはいけません。批判すれば子どもはあなたから離れていきます。
子供が15歳の誕生日を迎えると、最後の第4段階に突入です。子どもを個人として尊重する時期です。あなたの子どもは自立し、自給自足でき、あなたを親として敬い、他人をも敬う心を持った子どもに成長しているでしょう。

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

タイムスタンプ:
第1段階:5歳まで 0:40
第2段階:5歳から10歳まで 2:36
第3段階:10歳から15歳まで 4:30
第4段階:15歳から大人になるまで 7:15

概要:
最初の段階は生まれてから5歳までです。聞いたことや見たことすべてが後の人格形成に大きな役割を果たし、潜在意識として記憶されます。チベット民族によると、この段階では子どもを王様か女王様のように扱うべきであるとされている。
5歳から10歳までの間は、彼らを奴隷のように扱ってください。小さな目標をいくつか設定し、達成に導いてあげましょう。そして、目標が達成されなかった場合の気持ちの持ち方についても教えてあげましょう。
次の5年間は、子どもを平等に扱うべきです。役割を変えたりできますし、アドバイスが必要か聞いてあげましょう。これは自立、論理的思考、また自信をはぐくみます。
あなたの子どもが15歳になったら、子どもの個性は完全に形成されています。助言をすることは出来ますが、教育するには少し遅すぎます。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供
かいどうまゆ さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です