朝するより夜にした方がいい12の習慣

私たちが朝する事ってたくさんありますよね。それは、色んなことをこなすのは、やはり朝が、一番効率が良いように思えるからです。私たちは、大きな間違いをしていた事が分かりましたが、簡単な日課に沿えば、そうした間違いを正せます。この動画の最後のおまけでは、鉛筆を使って快眠を得られる方法を説明しますよ。

寝る前の数時間、何も食べないでいると、なかなかよく眠れません。空腹は、しばしば不眠を引き起こします。夕食を食べずに寝てしまうと、翌朝には多分、朝食をたくさん食べる事になります。国立睡眠財団の研究によると、夜の散歩は健康にも良いことが証明されていて、不眠症を改善するそうです。

きちんと予定を立てておけば、朝は落ち着いた気持ちでいられ、貴重な時間や労力を無駄にせずに、やらなければならない事をひとつひとつ片付けていけるのです。同じ事が、ランチと着る服の準備にも言えています。

布団に入る前に、少なくとも10分間は瞑想をしてみてください。自分の内面に意識を集中させることがポイントです。読書がリラックスするのには最適な方法だと証明しました。全く違った世界に浸ることで日常のストレスを効率的に取り除く事ができるからです。紅茶や音楽よりも効果があるそうです。

寝る前に髪を梳かすと、地肌から死んだ角質や埃などが取り除けます。ブラシで軽く地肌をマッサージすると、毛の根元に酸素や栄養分に富んだ物質を届けられます。そして朝には、急いであなたの髪をスタイリングする必要もなくなります。

音楽: Geographer – Watch Me
https://www.youtube.com/audiolibrary/music
タイムスタンプ:
肉やカッテージチーズを食べる 1:00
ウォーキング 1:45
今後の予定を考え、書き出す 2:32
部屋の換気 3:30
ランチと着る服の用意をする 4:32
ヨガと瞑想をする 5:13
ホットシャワー又はお風呂に入る 5:58
暗記する 6:34
キウイを食べてよく眠る 7:28
チェリージュースを飲む 8:18
髪を梳かす 9:32
1日を振り返る 10:04
おまけ:いびきと頭痛には、鉛筆1本で対処できます 9:19

概要;
▪ 夜、適量の肉やカッテージチーズを食べるのは良い事なのです。これらにはタンパク質やトリプトファンが豊富にふくまれているからです。
▪ 寝る前にウォーキングをしてみましょう。これは、その日のすべての悩み事を乗り越えるのに効果がありますよ。また、不眠症やその他の健康問題を防げます。
▪ 夜に予定を立てるのは自分の人生を順序立てて考えるのに有益なことです。
▪ 夜、空気を冷やすために寝室の窓を開けましょう。そして白色脂肪が褐色脂肪に変わり、あなたの新陳代謝を改善されるようにしましょう。
▪ 翌日に着る服を予め用意しておけば、翌朝の時間と手間が省けます。
▪ 夜にするヨガは、自分の考えをまとめ、緊張をほぐし、翌日を爽やかに迎えられる、といった効能があります。
▪ 夜にホットシャワーに入ると、体温が上がり、寝付きやすくなるのです。温かいお風呂は、不眠症への対処に最適です。
▪ あなたの脳は、夜の方が暗記するのに適しています。
▪ 1ヶ月に渡りキウイ2個を就寝1時間前に食べると、早く寝付け、快眠が得られます。
▪ チェリージュースを就寝前にグラス2杯飲むと、睡眠時間が約90分長くなります。
▪ 寝る前に髪を梳かすと、地肌から死んだ角質や埃などが取り除けます。
▪ 研究によると、毎日分析をするのは、大変良い事だそうです。
▪ 時間がある時に、歯の間に鉛筆をはさみ、そのままの状態で5~10分保ちます。この簡単なエクササイズは、他の特定の筋肉もほぐせるので頭痛を鎮めるのにも有効です。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————
声の提供
荘司哲也 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です