舌の汚れを歯ブラシで擦って落としてはいけない

歯科医療評論家:伊丹太郎によると

舌の汚れを歯ブラシで擦って落としてはいけない

舌の表面は、絨毯のように凸凹になっている

そこを歯ブラシでゴシゴシ擦ると汚れが奥に入ってしまい、

口臭の原因になったり汚れが取れなくなってしまう

舌を磨く専用のタングスクレーパーなどでこそぎ取るのがベスト

五感評論家:庄島義博によると

手を冷やすと味を薄く感じ、手を温めた方が、より味を濃く感じる

なので

食事前に冷たいおしぼりで冷やさない方が良い

手を冷やすと交感神経が活発になる

手を温めると副交感神経が優位になり、

リラックスして美味しく感じる

手が冷たいと味が濃いものを食べたくなりやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です