「一切責任を負いません」表示は、法的に意味がない

法律評論家:堀井亜生によると

施設内の事故について当方は 一切責任を負いません

治療中に起きた事故は、一切責任を負いません

など

「一切責任を負いません」表示は、法的に意味がない

治療中に起きた事故は、一切責任を負いません、の

同意書にサインをしたところで

実際に事故があって亡くなってしまったら

責任を負わなければいけない

表示している側が、

効果があると勘違いしているケースが多い

もしくは

書くことで訴えづらくしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です