オカピの子はお尻の縞模様で母親を見分けている

生物学評論家:池田清彦によると

 

世界三大珍獣:オカピ

生きている化石と呼ばれ、

1千万年くらい前から形態が変わっていない

 

オカピは蹄が2つに分かれているためキリンの仲間

草原に残ったのは、キリンになり、

森林に戻ったのはオカピになった

 

オカピの子はお尻の縞模様で母親を見分けている

夜行性の動物は嗅覚が発達するが、

視覚が発達するのは昼行性の動物

子供の方が大人より形の違いが分かる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です