三度目の正直を前提にした法律がある

法律評論家:堀井亜生によると

 

三度目の正直を前提にした法律がある

 

1回目、2回目は失敗し、3度目に成功するのが三度目の正直だが、

1度目と2度目は当てにならなくて3度目は確実という意味もある

 

アメリカには、スリーストライク法(三振法)という法がある

重罪の前科2回あった場合、

3回目が軽い罪でも終身刑になるという法律

 

2回悪いことする人は、3回目も確実に悪いことをするという考え

 

アメリカ以外の国でもスリーストライク法が採用されている

それは著作権侵害を2回注意しても止めない人は、

ネット接続を禁止するというもの

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です