法律の現場で起きた火事場の馬鹿力の事例

法律評論家:堀井亜生によると

 

法律の現場で起きた火事場の馬鹿力の事例

 

80歳のおばあちゃんが、おじいちゃんが浮気したと相談しに来た

 

浮気相手もおばあちゃんで、

かなり遠い家に乗り込んで話し合ってきたという

 

実は相談しに来たおばあちゃんは、足が不自由で、

普段、息子さんの介護を受けているような具合

 

本人いわく、車で行ったわけでもなく、一人で歩いて行ったと言う

 

どうやって行ったのか?と周りは聞くが

「覚えていない。気付いたら女の家でモメてた」

 

行った方法は、いまだに不明だという

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です