山田孝之は気配り上手なディレクタータイプ

人間は5つのタイプに分かれる

ホンマでっか!?TVで山田孝之を診断

診断は、自己評価ではなく他己評価

 

・向井理によると、山田孝之は毒を吐く

的を射たことを言う

言わなくてもいいだろう、と思うことまで

「旬君は人の話聞かないよね」とズバッと言う

 

・小栗旬によると山田孝之は行動が読めない

お酒が入って酔っぱらうと隣に座っている人に突然プロレス技をかけたり

店から出ると突然、木の陰に隠れて銃を構えていた

 

・さらに遅刻することに対して一切 悪気がない

結構遅れて来ているのに普通にしている

 

・マネージャによると、ケータリングで香辛料があるとき、

辛い物が得意でないのに器が真っ赤になるまでかけ辛さで顔を赤らめていた

辛い物が弱いのに辛い物が好き

 

・独特な価値観を持っている

 

山田孝之は気配り上手なディレクタータイプ

毒を吐くのが上手→周囲をよく観察している=外交的

辛い物が弱いのに食べる→精神的に不安定な人はできない

遅刻しても悪気なく堂々→精神が安定

 

ディレクタータイプとの付き合い方

自分に自信があり押しが強いので意見を受け入れると喜ぶ

指示されるのが苦手

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です