ノーベル賞をとる発明や発見は、ラッキーなことが多い

分子技術評論家:山本尚によると

 

ペニシリン、アスピリン、インスリンなど

様々なノーベル賞をとった発見 発明があるが、

それらのほとんどは予定していなかったことから発見 発明されている

 

ノーベル賞をとる発明や発見は、ラッキーなことが多い

 

どうしたら見過ごさないで済むか?

今までの既成概念を捨てて真っ白になり、

肩の力を抜いてもう一度見直す

 

すると全く違う人生が広がり、

発明を生んだり、成功しやすくなる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です