統計的に人生は短いため、運は偏り 良し悪しが生まれる

分子技術評論家:山本尚によると

 

イギリスで1000人くらいの調査が行われた

運が良い、運が悪いに分かれた人たちに くじを買ってもらった

運が良いと思っている人は、

運が悪いと思っている人に比べて倍の確率で当たると思われていた

結果は、運が良い、運が悪い関係なく同率だった

 

環境評論家:武田邦彦によると

 

10万回も人生を繰り返せば、運は平等になるが、

人生は1度きりで短いため、どうしても偏りが生じる

どうしても運が良い人、悪い人が出てくる

統計的には人生は短いため、運は偏りができ良し悪しが生まれる

幸運な人は幸運なまま終わる人もいる

確率的に10万回繰り返さないと幸運と不運の数は同じにはならない

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です