運をキャッチする人は、良く笑い、現金を常に持ち歩き、ペンと紙を持ち歩き、1人で食事をしない

アメリカの新聞ハフィントン・ポストに掲載

笑う門には福来る は、証明されていた

イギリス ハートフォードシャー大学の心理学者が

1年間で急に上場した会社、運命の出会いを果たして結婚した人たちについて

普段の考え方をアンケート調査した

すると心理的にどう考えているかよりも、

その人の普段の行動が大きく影響していた

運が良かった人は、普通の2倍 多く笑っていた

他にも目を合わせる、身振り手振りが大きい、腕組み 足組みをしない

それらの行動は、相手に対して自分の気持ちを開いています 表れ

向社会的行為と言う

 

心理評論家:植木理恵によると

 

運が良い 悪いは、統計学上 平等と謳っている

運が良い人とは、運をキャッチする人

その特徴は、

良く笑い、現金を常に持ち歩き、ペンと紙を持ち歩き、1人で食事をしない

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

 

触覚性による超直感は存在し、触った時に感じる人はいる

お財布研究という調査では、

5万円が入っている財布を触ると分かる人がいることが分かった

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です